沖縄の那覇に行くには飛行機

沖縄に旅行に行きたいと思っている人はとても多いです。年間の旅行者も沖縄に行きたい人は断トツで多く、たくさんの人が癒しを求めていきます。きれいな空と青い海。日本でも有数のきれいな景色があるところではあるので、夏場だけでなく、年中人気のある場所です。休みが少ない人でもすぐに行くことができるのは飛行機です。関東や関西からでも数時間で行くことができます。今回は沖縄の飛行機でいく沖縄について紹介します。

沖縄に行くにはどこいきの飛行機でどこから乗れば行ける?

日本国内から沖縄に行くのであれば、沖縄県の県庁所在地の那覇市の那覇空港です。那覇空港はハブ空港であり、アジアの海外へも行くことができます。国内線であれば、理発着は数多くの空港があります。

北は、東北・北海道2つの空港、近畿・中部・関東は10か所、九州・中国・四国は11か所、沖縄は6か所の29もの空港に就航しています。離発着している飛行機は、大手の航空会社からLCCのLow Cost Carrierの頭文字をとって、ローコストキャリアとよばれる格安航空会社の飛行機まで実にさまざまです。

飛行機で到着したらレンタカー

飛行機で到着したら、移動手段がありません。時間を有効に効率よく使うための手段としては、レンタカーという手があります。レンタカーは、自分の行きたいところに行きたい時間に行くことができて、滞在したい時間分滞在することができます。

ツアーもありますが、ツアーは他の人と同じであり、スケジュールの時間通りに進んでいきますので、「ここをもう少しゆっくりみたいな」とおもっても、自分の思うようにはいきません。

知らない土地ではありますが、海外とは違い、日本国内なので、走る道路が違うわけでも標識が違うわけでもありませんし、レンタカーを使っていく人は多いので、免許を持っている人は誰でも簡単に運転することができます。

本島といってもそれほど大きな島ではないので、1日あれば一周することができますので、ゆっくり自分のスタイルに合わせて周ることができます。